• アメリカのトラクター・ジョンディアの前で農場主と共に。

  • サイフォンの原理。アメリカ農業を支える灌漑設備を学ぶチャンスもあります。

  • プラウ(耕運)中。カリフォルニア州の研修生。

  • 陽気なメキシカンワーカーたちと夕陽を見ながら語り合う。

  • カボチャの収穫中。強い日差しで真っ黒に日焼けしながら―。あれ、日本人の研修生はどこでしょう?

  • どんっ!広大な牧草地帯に仁王立ち。ここの作業は僕に任せとけ!

  • ヒーハー♪アイダホ州の肉牛農家、ここでは研修生はカウボーイになります。

  • アメリカ東海岸メーン州。山羊のチーズ作りにチャレンジ中。

  • 研修後半にはカリフォルニア大学デービス校に滞在します。近郊の農家を視察することもあります。

  • グランドキャニオンにて。研修の最後には、全米を旅行する事ができます。

  • 北欧の建物はエレガント。コペンハーゲンの町の中で。

  • 受入れの農家さんと。

  • どうですか、手乗り牛(笑) デンマークは放牧による飼育が中心です。

  • スラリータンクをけん引したトラクター。スラリーとは家畜の糞尿です。肥料として農地へ還元します。

  • デンマークの農地には風力発電機がよく建っています。トラクターがけん引しているのは、ダンプ機能付きのワゴン

  • 農地をバックに笑顔の研修生。

  • コペンハーゲン、Nyhavn。素敵なカフェやレストランが入っています。

  • チーズ工房にて。これは、熟成中のBrie(ブリ―)チーズ。デンマークも、たくさんチーズを食べる国です。

  • 広大に広がる小麦畑。人にとっても、家畜にとっても、非常に重要な生産物です。ほぼ完全に自給しています。

  • 牧草地でのんびり。健康な牛は、健康な牛乳を出してくれます。

  • さあ、種をまこう。君の未来に、僕の未来に!

  • 苺の収穫。日本のやり方と違いを実感、研修生。

  • 国の助成を受けて、農場では農産物のみならず、電力も生産中。ソーラーパネルの設置された納屋。

  • チャイブの花の中にたたずむ研修生。「ほんとは、収穫するはずだったんですが、遅れてしまったらしいですよ」農場わきの散歩道を行く人の目を楽しませてくれる。

  • ドイツの国鳥、コウノトリが飛来する事もある。ドイツの農地は環境にやさしい。

  • 農場主の著書に直筆サインを頂いて。ほほ笑む研修生。

  • 今年のリンゴの結果具合はどうだろうか?

  • ドイツの冬といえばクリスマスマーケット。ひと時、農場を離れて、研修生も雰囲気味わえます。

  • 有機農業の勉強の最中です。これは、バイオダイナミック農法のプレパラートというものを作っているところです。

  • ベルリンの連邦議事堂前で。

  • ベルン。スイスには26のカントン(州)があり、その内のベルン州の州都であり、スイスの首都でもあります。

  • 草取り。単純作業一つとっても、日本のやり方と違いがあります。

  • ブラウンスイス。この牛は、乳牛としても肉牛としても優秀です。首にさげたカウベルの音がアルプスの山間に響いています。

  • 品質の良い食材。チーズ、パンの味わいの深いこと!カラフルなのは、ゆで卵。

  • スイスは、家族経営の農場が中心。

  • トラクターのけん引に代の上から「ヤッホー!!」

  • 複合農家。家畜、野菜、花卉、果樹、そして直売場と、マルチプル。

  • 家政学校では、スイスの伝統料理やお菓子作りを学ぶこともできます。

  • 自分で作った編み物、クロスステッチの刺繍。素敵です。

  • スイスには、ドイツ語、フランス語、イタリア語、そして、ロマンシュ語の4つの公用語がありますが、ここはロマンシュ語の地域です。

  • 典型的なオランダの風景。風車、水路、そして、真っ平らな牧草地。

  • トマトの生産力がすごい!単収は日本の3倍とも言われています。

  • 受入農家さんと一緒に。

  • 最新の施設栽培を学べるのも、オランダならでは。

  • キクの農家で研修中。見渡す限りの広大な菊畑。

  • オランダの美味しいチーズはいかがですか?

  • アールスメアの花市場。

  • 茅葺の美しい民家。水路には自家用のボートも。

  • 消費者や市場のニーズに応える様々なトマトがあります。

  • 風車の前で記念撮影。